駒木根葵汰に改名したきいた!出身高校&彼女は?妹も女優!?

エンタメ

モデルとして活躍してたきいたさんが先日、ご自身の出演しているABCラジオで解明を発表しました!

 

その名も駒木根葵汰(こまぎね”きいた”)

コアなファンの方は知っていたことかもしれませんが、実は解明と言ってもこれは彼の下からの本名なのです。

 

ホリプロ移籍というこのタイミングでわざわざフルネームに改名したことは、彼の覚悟の現れだったのです。

 

駒木根葵汰(本名)のプロフィール

名前:駒木根葵汰(きいた)

出身地:茨城県

身長:178cm

体重:57kg

血液型:O型

趣味:空手、バスケ、ファッション

こちらが駒木根葵汰さんのプロフィールになります。

改めて難しい漢字ですね。

 

パソコンで変換押してもスンナリ出てきませんでした(笑)

駒木根(こまぎね)は何とか読めますが、葵汰はそうたと間違って読んでしまいそうになります。

 

GoogleやYahooの検索窓に「きいた そうた どっち」とか出てきそうですね(笑)

 

出演メディアはいかになります。

これからどんどん出演するメディアの数も多くなってくるものと思われます。

出演メディア

  • ABCラジオ「リアルをぶつけろ!ハッシュタグZ」
  • Popteen
  • パピコWEBドラマ
  • 「~超夏休み2019~」超重大batuOTODAMA SEA STUDIOスペシャルコラボイベント

 

甘いルックスはからは想像できないかもしれませんが、実は空手家です。

小学校の頃から極真空手をやっていたらしく、高校卒業まで続けていたそうな。

 

モデルを始めたのは、インスタグラムでの写真を見てスカウトされたことがきっかけだったそうです。

最近AbemaTVに出演している若手俳優の人たちは、SNSでスカウトされたという人多いですよね!

 

座右の銘は「自由に生きる。」だそう。

 

駒木根葵汰の現在の彼女は不明

残念ながら、今のところ駒木根葵汰さんの彼女は明らかにされていません。

 

「あれ・・・?鈴木美羽とカップル成立したんじゃないの??」

と思った方もいるかもしれません。

 

そうです。

AbemaTVの恋愛リアリティーショー番組の中で、きいたさんと鈴木美羽さんが最終的にカップルになりました。(2018年)

オオカミくんで話題となった駒木根葵汰
【密着】みうぴよ♡きいたの水族館デートに密着!2人の胸キュンが止まらない!【Popteen】

 

でもぶっちゃけていうと、あれは番組内だけのお遊びです!

撮影後プライベートで遊んだりしているのかもしれませんが、お二人とも「友達という関係」とインタビューで答えています。

最終話のインタビューでも話したんですが、お互いに高め合える存在になりたいと言っていて、今こうして別の仕事でも一緒に共演することができて本当に嬉しく思います。次は映画やドラマで共演したいですね。

出演していたメンバー同士普通に仲は良いっぽいです。

 

(ま、いくらでもお相手いそうな気はしますけどね。。。)

 

駒木根葵汰さんの公式ブログでもご覧になれます。

「最終回ありがとうございました。|Kiita Oficial Blog by Ameba」

 

ちなみに駒木根葵汰さんの好きな女性のタイプは

優しくてあまり小さい事で怒らない人。周りがよく見える人。

だそうです。

 

駒木根葵汰の出身高校

駒木根葵汰さんのご出身は県茨城立水戸農業高校です。

農業高校ということもあり、男だらけの高校生活を送っていたのだとか。

 

ちなみにこの頃からインスタグラム上で「イケメン高校生」と人気だったらしく、スカウトスタッフの目に留まり、モデルの業界に飛び込むことになりました。

今は俳優としての仕事も取れるようにより一層頑張っていきたいそうです。

駒木根葵汰さんの妹も女優らしい

名前:駒木根心捺

生年月日:2004年12月7日

趣味:古着屋巡り・旅行

特技:空手・変顔

駒木根家の末っ子。

兄の葵汰さん同様、なんか難しい漢字ですね。心捺(ここな)って。

 

そしてご兄弟そろって特技は空手

 

レプロエンターテインメント所属。

「浅草少女歌劇団『ローファーズハイ!!』」に出演されています!

【14歳の頼れるキャプテン】駒木根心捺(はなちゃん役)インタビュー動画

 

駒木根葵汰は覚悟の表れ

今後は俳優としての仕事も取れるようにより一層頑張っていきたいそうです。

心機一転した駒木根壮太さんの活躍を見ていきたいですね!

地上波のドラマやTV番組でお目にかかる日も来てほしいですね。

 

若い層から人気なようですが、このルックスなのでおそらく、アラフォーのお母さま世代からも人気出るのではないでしょうか(←どうでもいい)

 

コメント